ブログトップ

Working on the Highway

drkato.exblog.jp

エコとエゴの両立

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今週末は女房がお出かけなので子供達の世話はボクの仕事です、っで、土曜の昼は久しぶりの手料理をといつもの肉うどんを作りました。
ボクは練馬の出身で当時の実家の近くに武蔵野うどんの美味しい店がありました。だから豚のばら肉と沢山のネギを入れた甘辛いダシで食べるうどんだ大好きなんですよ。
b0111116_23434225.jpg

子供達の好みはホウレンソウと半熟卵入りの肉うどん、うどんは市販の茹でうどんなので腰が足りないのが少し残念ですけど自分で打つほどのスキルがまだ無いので・・・、いつかは自分で手打ちをしたいですね。

翌日曜日は早起きして都心までお出かけです。
b0111116_23465657.jpg

20分程走って付いた先はニューオータニです、東京にいくら外資系の高級ホテルが出来ても御三家だけは裏切りません、最近休日の朝早起きしてニューオータニで朝食を摂るのがマイブームなんです(笑)。
b0111116_23501552.jpg
「母さんボクの麦わら帽子どうしたでしょうね?」

今日はブッフェでの朝食です、子供達は自分お好きな物が食べられるブッフェが大好き、小一時間ほど朝食にかけてしまいました。
b0111116_23522292.jpg

皇居の周辺にもようやく秋の気配です、11月中盤を過ぎてもまだ暖かい東京も夕方から大分冷え込んできました、これからようやく冬になりますね〜、スポーツカーのシーズン本番です。
b0111116_23565267.jpg


そんな中でもしっかり子供を人に預けてサッカー見に行っちゃってるんですけど(笑)。

って、全然車ネタ無いし・・・(笑)。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 車ブログ フィアットへ
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ

b0111116_15354114.gif
[PR]
by drkato | 2007-11-18 23:58 | その他
ケイマンSの走行距離も9000kmを越えてほぼ全ての点で満足しているボクのケイマンですが少しだけ不満に思うところも何点かあります。
b0111116_22462972.jpg


最初の頃には気を使いニュートラルで一呼吸をおいて負担をかけないようにシフトチェンジしていたのです、でも最近は回転が落ちないようになるべく早くチェンジする事も増えてきました。
ポルシェのシンクロは優秀なので素早いシフトにも十分ついて来るのですがそれでも少しだけ引っかかるような時もあります、あらゆるところが塊感を思わせるポルシェでもシフトノブを強く押し込んだ時の剛性感は少し弱い気もしてしまいます。
b0111116_2247572.jpg


ターボ車に乗り慣れていたボクにはケイマンSのパワーにも少しだけ不満があります、「もっとパワーを」、自動車乗りなら全ての人が思う事かも知れませんけどね(笑)。「出来れば乾いた直線でも2速でホイールスピンがするくらいのトルクが欲しい」、「シートバックに張り付くくらいの加速感が味わいたい」、贅沢いってたらキリがありません(笑)。

ヒールアンドトゥがやり難いという点は強いブレーキングをしている時には解決出来る問題なのでさほど気にはしていないのですが、ペダル操作が楽な靴の方が運転しやすいだろうと思い初めてドライビングシューズも買ってみました。
b0111116_2362146.jpg
細身で適度に底が硬いこのプーマ製ドライビングシューズは少しだけ運転が上手くなった気になれます(笑)。

だんだん慣れてくるともっと速く走りたくなります、「PSMを切ってお尻振りたい・・・」、「200キロからのフルブレーキング・・・」、悪魔の囁きです・・・、公道では無理な事です・・・。

ボクは今から20年以上前にとあるショップの走行会で”FISCO”を走った事が一度だけあリます、ちょうどAコーナーとBコーナが出来たばかりの頃で初代ソアラに乗っていたボクは今は亡き”萩原光”が講師として参加していた"FISCO"を初めて走った経験が今でも楽しい思い出として残っています。

100RでAE86に乗った萩原光がボクの後ろにピタリと付きました、レーシングドライバーである彼の方がボクより速く走る事が出来るのは当然の事なのでボクは彼にパスさせる選択をしました、100Rをインベタで走り彼にアウトから抜かさせようとしたのです。

ボクの車はソアラの3000GTでした彼は1600CCのレビンです、プロのドライバー相手とはいえ素直に抜かせたくない気になってしまいました、小さな意地を持ったボクはインベタでパスコースを開けつつアクセルを緩める事をしませんでした。「抜けるもんなら抜いてみろ」、アクセル全開で100Rのインを回っているボクのソアラは限界の兆候を示しています、ピレッリP6の限界が腰に伝わって来ましたがそれでもアクセルを緩める事が出来ませんでした、右足を引っ込めるという事は負けを意味する事です。

でも、物理の法則には意地を張っても勝てる事が出来ません、ボクのソアラはスピンして芝生の中に飛び込んでいきました、前を走るソアラは当然スピンするだろうと予測していただろう萩原光は無理な事はせずにそのまま走り抜けていきました。

100Rの外の芝生の上で停止したソアラは無傷でした、一度ピットに戻り何事も無い車を確認してボクはまたレースコースに戻りました。その後は自分の車の挙動の全てが分かる気がしました、前を走る他の車の危険を事前に察知するこをが出来るように感じます、サーキットを走る事ってボクにむいてるかも知れない・・・。

サーキットを走るって事がすごく楽しかったのです、このままハマって抜け出せなくなるような感覚、20歳のボクはそこに天職を見つけたような気がしました。このままレーシングドライバーの道を選ぼうか?・・・、ある程度将来の道が決まっていたその当時のボクは少しだけ悩みましたが賭けには出ずに無難な今の道を選らびました、それ以来サーキットを走る事はありませんでした、ハマるのが恐かったからです。

ケイマンSに慣れてきた今のボクには昔の悪い血がもたげてきているようです、"FISCO"(ボクにとってFSWは今だ馴染みの無い名です笑)のサーキットライセンスを取ろうかな?、って・・・。
b0111116_2346888.jpg

自分が思っているほど上手くは無いのだと分かってはいるつもりですけど・・笑。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 車ブログ フィアットへ
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ

b0111116_15354114.gif
[PR]
by drkato | 2007-11-09 23:59 |
日本初のジェット機”橘花”は太平洋戦争末期に誕生しました。
b0111116_23213610.jpg


ジェットエンジンの大きな利点の一つに使用燃料を選ばないという点があります、燃焼爆発をピストンの上下動に伝えてそれを更に回転運動に変換するレシプロエンジンにはスラッジの残らないような燃焼効率の高い燃料が必要です、圧縮した空気と共に燃料を燃やすだけで推力を得るジェットエンジンは比較的部品点数も少なく、比較的工作精度も必要のないので資源の枯渇した日本に適したモノのように思われました、ただし構成部品の耐熱性を得る事が出来ればという点が大きなネックになったようです。

当時の日本は零戦を始めとした様々な兵器を造っており技術的にも世界最先端を進んでいたと思われがちですが、実際にはイギリス・アメリカ・ドイツに比べると少し遅れていたようです、航空エンジンでも水冷式が欧米各国のスタンダードであった時代により単純な空冷エンジンしか造れなかったわけですからね(唯一の国産水冷エンジンはダイムラーのコピーですし・・・)。

航空エンジンの歴史を見ると、エンジン出力を上げる為に空冷→水冷→過給器付き→ジェットと進化しています、当時日本の技術はほぼ空冷エンジンのところで止まっていました、もちろん新しい技術を目指す優秀な進出気鋭の技術者もいたようですが不安定な新技術はことごとく軍に却下され保守的なモノしか作れなかった結果だとも言えますが・・・。

既存の技術から脱却出来ない日本の軍需産業が作り出した”橘花”は既存の技術を超えて中島飛行機が作り出したジェット機です。ジェット機の技術的な問題は終戦まで改善される事は無く実用には至りませんでした、上手くいきそうにない新技術よりも既存の技術で出来る保守的な飛行機を作る事が優先されていたからです。

敗戦を迎えその後軍需産業は解体され技術者達は様々な産業に散らばっていきました、中島飛行機からは富士重工とプリンス自動車が生れ自動車を作っています。
戦後最初にジェットエンジンを作ったのは富士重工であり、最初のジェット機も富士重工で作られています、進出気鋭は富士重工に継がれたようです、ボクサーエンジンや4WD等既存の日本のクルマに無かった技術を売りにしているメーカになりました。

b0111116_23223623.jpgプリンス自動車からはスカイライン・スカイラインGT-Rや御料車プリンスロイヤルが生まれました、日産に吸収され中島飛行機の末裔であるプリンス自動車は消滅しスカイラインGT-Rは日産GT-Rに、プリンスロイヤルは長年の役目を終えてトヨタのセンチュリーロイヤルに御料車の役目を譲っています。





進出気鋭の気概は日産に受け継がれたのでしょうか・・・?、不安定な新技術はことごとく上層部に却下され保守的なモノしか作れなかったって事にならなければいいのですが・・・。
b0111116_23233750.jpg

プリンスを受け継いだスカイラインの名が消えたGT-Rの発売は非常に楽しみです。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 車ブログ フィアットへ
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ

b0111116_15354114.gif
[PR]
by drkato | 2007-11-07 23:08 |